信州100年企業創出プログラム

831 閲覧数
活動日時

2018-01-01 (一) -  2030-12-31 (二) 12:00 - 12:00

言語

【信州100年企業創出プログラムとは】

短期的サイクルでさまざまな経営課題を解決しつつも、常に長期的視点で経営を捉え、社会のニーズ変化を先取り・追従していく次代の信州地域を牽引する企業を「100年企業」と定義する。そのために、長期的な社会変化や産業構造変化の「未来シナリオ」を考え、しなやかに対応するする力を持って、イノベーションを起こし続ける企業・人材を創出する取り組みを創出する。

具体的なプロセスとして、首都圏の優秀な中核人材に本学の研究員(リサーチ・フェロー)を委嘱し、長野県内で未来創造に取り組む中小企業の課題解決に取り組む。それを通じて、最終的に地域・企業との関係性構築(雇用や事業連携等)を進める。

研究員は、6カ月の間、受入企業から30万円月の活動費を受けて、日常は現場で当該企業の課題分析や未来構想の研究を実践し、週末に大学で特設ゼミや研修に参加。企業での実践的な課題解決と大学でのリカレント学習を行うことで、研究員自身は能力を向上させながら、企業や地域の成長シナリオを作成する取り組みである。

2018年に本事業開始し、2021年現在もコンソーシアムメンバーの連携の取り組みとして継続している。信州地域の企業と都市圏で活躍する人材を繋ぎ、地域企業の成長とチャレンジを志向する人材双方にとって有意義な取り組みとして多方面からの注目を集めている。

記事のシェア