臺灣

地方創生支持系統之建構發展藍圖

地方創生サポート体制の構築に関する発展構想
專題文章 ( 特集記事 )
學校(学校) | 國立臺灣海洋大學 作者(著者) | 張文哲、歐陽瑞蓮
1296閱讀數(閲読)

一、前言
行政院2019年1月3日核定「地方創生國家戰略計畫」(2019至2022年)規劃企業投資故鄉、科技導入、整合部會創生資源、社會參與創生、品牌建立等五大推動戰略,並配合法規調適,根據地方特色,發展地方產業,促使人口回流、青年返鄉,以緩和人口過度集中都市,城鄉發展失衡等問題,達成「均衡臺灣」的目標。
2020年10月5日核定「前瞻基礎建設計畫」規劃辦理「加速推動地方創生計畫」,透過補助地方政府及民間團體推動創生事業,建立青年返鄉創生支持系統,以及強化城鎮機能及環境整備之地方基礎建設等,以促進地方產業發展,吸引人口回流,加速達成地方創生目標。
其中,國發會成立北、中、南、東分區地區的輔導中心,落實在地輔導服務,強化經驗學習與交流,引導地方創生之真正的創新與實踐。2022年9月國立臺灣海洋大學(以下簡稱臺海大)有幸承接「地方創生北區輔導中心」,將延續過去執行教育部地方創生的精神。整體計畫預計在2021年至2025年,每年輔導縣市與鄉鎮市區公所,推動80項地方創生事業,吸引125位青年留返鄉,目標在5年內推動400項創生事業,吸引至少500位青年留返鄉推動地方創生。
國發會計畫增加青年留鄉或返鄉意願,並促使各部會有效地將政府資源挹注地方創生事業,讓地方產業在獲得適當配套基礎建設支持下,加速推動地方創生,國發會爰納入「前瞻基礎建設計畫」之城鄉建設項下,進一步整合跨部會地方創生相關資源,使整體資源運用效率提高,並連結各部會專業,挹注地方創生輔導能量,加深創生推動力道,以具體行動支持地方產業發展,吸引人口回流,加速達成地方創生目標。

一、 はじめに
行政院が2019年1月3日に承認した「地方創生国家戦略計画」(2019~2022年)は、企業の地方投資、科学技術の導入、各省庁の地方創生リソースの統合、社会の地方創生への参与、ブランドの確立という5つの推進戦略を掲げ、法規の修正に合わせて地域色に応じた地方産業を発展させ、人口の地方回帰と若者のUターンを促すことで、都市への過度の人口集中や都市と地方の発展格差などの問題を緩和し、「台湾の均衡ある発展」を目指すものである。
2020年10月5日に承認された「前瞻基礎建設計画」(将来を見据えたインフラ建設計画)の「地方創生推進加速計画」では、地方自治体と民間団体が推進する創生事業に補助金を提供し、若者のUターンによる地方創生の支援体制の確立と、町の機能と環境整備に関する地方のインフラ建設の強化を図ることで、地方産業発展と人口回帰を促進し、地方創生の加速化を目指す。
国家発展委員会は同計画の中で、北部・中部・南部・東部の地域ごとに指導センターを立ち上げ、地方創生を本当のイノベーションと実践に導くことを目指して、地域に密着した指導とサービスの実施と、経験学習や交流の強化に取り組んでいる。光栄なことに、国立台湾海洋大学(以下略して「台湾海洋大」)は2022年9月に「地方創生北区指導センター」を受け持つことになり、以前関わった教育部の地方創生理念を受け継ぐことになった。「地方創生推進加速計画」は2021年から2025年まで実施予定で、各地方自治体と郷・鎮・市・区役所に指導を行い、毎年80項目の地方創生事業を推進し、125名の若者のUターンを誘致している。目標は5年以内に400項目の創生事業を推進し、最低500名の若者のUターンを地方創生推進に向けて誘致することである。
国家発展委員会では、若者の地元定着とUターンの意欲を高めると同時に、各省庁が政府の資源を地方創生事業に効果的に活用し、地方産業が適切なインフラ整備による支援の下で、地方創生を加速化できるよう、「地方創生推進加速計画」を「前瞻基礎建設計画」の都市・地方整備項目に組み込むことで、省庁横断で地方創生の関連リソースを統合し、資源全体の活用効率向上を図る。また、各省庁の専門性の連携により、地方創生に指導エネルギーを注ぎ、推進力を高めることで、具体的な行動で地方の産業発展を支援し、人口の回帰と地方創生の加速を目指す。

二、發展現況
自2019年地方創生元年啟動國內地方創生推動,長期投入社區營造、地方產業、文化觀光等民間團體或小微企業、學校、法人等,結合各政府單位資源投入的推波助瀾,加上媒體的報導,近三年地方創生已成功地引發各界的關注與投入,惟為能持續促進人口返鄉、留鄉或移居,本計畫重新盤點及歸納相關因素如下—

二、 発展の現状
台湾では、地方創生元年の2019年より地方創生の取り組みがスタートし、地域コミュニティづくり、地方産業、文化観光などに長い間取り組んできた民間団体、零細・小規模企業、学校、法人などの努力と、政府各部門の資源投入による後押し、マスコミの報道などにより、ここ3年で地方創生は各界の関心と参加を得るに至った。今後も引き続き人口のUターン、地元への定着・移住を促すため、本プロジェクトはその関連要因を改めて整理し、以下にまとめる。

圖:1:影響創生青年留鄉返鄉或移居的因素 資料來源:全國人口資料庫,圖表本計畫自製
圖:1:若者の地元定着・Uターン・移住に影響する要因 資料出典:全国人口データベース、図は本プロジェクト作成

(一)青年留鄉/返鄉/移居的歷程道路
無論是青年,亦或中壯年,返鄉的動機將影響吸引人口回流的關鍵點。本計畫初步歸納青年返鄉經歷的階段,以作為後續落實政策「學習性工作站」幕僚推動時,進一步納入說帖規劃。

(二)創生動能的強化
如何強化地方創生的動能,讓人口源源不斷的流入,除了核心的地方產業和創生事業的擴大,其它生活、教育和醫療照護系統的完備,也是維持動能的關鍵。

(三)阻力的降低—環境與支援系統
在青年留返過程中,若能系統性地降低阻力,例如評估期能主動提供資訊,在適應期中有社群的支持,讓留返人口快速地進入穩定期與發展期,且創造公共參與機會,持續強化城鎮的生活與產業機能,確保留返的成功。

(四)創生的維持與擴散
地方上有成功的創生企業,分享成功的經驗,和地方分享成果,協助更多移居或回鄉的後進,共同創造更多活化地方的事業或活動,活絡地方工作和人的循環,逐步地尋回地方的光榮,而且讓年青人孩子們繼續以地方為榮,召喚更多人回鄉共同努力,而他的成功故事和經驗也會跨越地理空間擴散影響力,激勵更多人移居返鄉留鄉。

(一) 若者の地元定着・Uターン・移住の経過
若年層と中壮年層に関わらず、Uターンの動機は人口回帰を誘致する上でのカギとなる。本プロジェクトでは、若者がUターンにあたってたどる段階のひな形を作成し、後に「学習型ワークステーション」政策の推進に取り組む際の説明に取り入れる。

(二) 地方創生の原動力強化
地方創生の原動力をいかに強化すれば、人口が流入し続けるようになるかについては、柱となる地方産業と創生事業の拡大のほかに、生活・教育・医療介護体制の整備もその原動力維持のカギとなる。

(三) 阻害要因の低減‐環境と支援体制
若者の地元定着・Uターンの過程において、例えば検討期に積極的に情報を提供したり、適応期に地方コミュニティが支援を提供したりするなど、定着・Uターン人口が迅速に安定・発展期に移行できるよう、体系的に阻害要因を低減し、同時に社会参画機会の創出と、地域の生活・産業機能の強化を続けることで、地元定着とUターンを確実に実現する。

(四) 地方創生の維持と拡大
成功を遂げた地方創生企業がその経験を共有し、成果を地元と分かち合いながら、より多くの移住・Uターン者を支援する。地方を活性化に導く事業と活動を共同で創出し、地方就業と人の流れの活発化を図ることで、地元の誇りを徐々に取り戻す。そうすることで、若者と子どもたちに地元への愛着を持ってもらえるだけでなく、地元で共に頑張りたいというUターン者をより多く呼び込むことができる。企業の成功と経験は空間を超えて影響力を発揮し、より多くの人に移住・Uターン・地元定着を働きかけることができる。

三、covid-19逆全球化、逆都市化與零接觸的省思
(一)市場發展的挑戰與機會
逆全球化,越來越多的學者專家提出,新冠疫情後全球化正在產生倒退的現象,雖全球的貿易受到嚴峻的挑戰,但反面來看在地化的市場產生了契機,例如因臺灣防疫得當,疫情下國內觀光與餐飲市場隨著疫情消退已逐步回升,對於未來的地方深度產業、文化與生態體驗產生新的機會。此外,由於人口集中的都市區是本次疫情的重災區,全球企業遠距上班在此疫情其間已成為常態,國內亦有許多事業及勞動人口將移居鄉村作為選項。

(二)零接觸商機
疫情影響商業模式最明顯的趨勢無論全球或臺灣,莫過於電商與外送平台在這段期間爆炸性的成長,未來地方產業發展對於電商的運用將更勝以往,而如何協助地方事業導入電商經營模式亦是未來輔導的重點。

三、 新型コロナウイルスがもたらす脱グローバル化・反都市化・非接触化による気付き
(一) 市場発展の挑戦とチャンス
コロナ禍の発生後、グローバル化が後退する脱グローバル化現象が、ますます多くの学者や専門家によって指摘されている。世界貿易は深刻な試練に直面しているが、逆にみれば、地域密着の市場に転機を与えていると言える。例えば、台湾の的確な防疫対策により、コロナ禍で萎縮していた国内観光と飲食市場も徐々に回復しつつあり、地方に根ざした産業や、文化・生態系体験などにも、今後新たなチャンスを生み出している。また、人口の集中する都市部がコロナ禍で甚大な影響を受けたことから、その間にリモートワークが世界の企業で常識になったほか、国内でも多くの事業体と労働人口が地方への移転を検討した。

(二)非接触型ビジネスのチャンス
コロナ禍がビジネスモデルに与えた最も顕著な影響といえば、台湾や世界を問わず、電子商取引とオンライン宅配業者の爆発的成長をおいてほかにはない。今後の地方産業発展に関しても、これまで以上に電子商取引の活用が考えられることから、その経営モデルをいかに地方事業に導入するかが、今後指導を行う上でのポイントとなる。

四、地方創生北區輔導範疇、課題
為進一步強化現行地方創生輔導機制,並擴大外部輔導能量,提高諮詢輔導頻率,國發會帶領北、中、南、東各分區輔導中心,整合產、學、研、社,建構區域型輔導網絡系統,盤點地方推動現況、研析推動課題及具體輔導策略,作為地方團體與地方政府間的溝通橋樑,並協助鄉鎮市區公所及地方團體發想及整合,加速提出地方創生計畫及相關事業提案,同時支援青年工作站運作服務,適時策劃經驗交流學習及推廣活動,帶動地方創生。
臺海大服務範圍涵蓋「臺北市、基隆市、新北市、桃園市、新竹市、新竹縣、金門縣、連江縣」所轄之鄉鎮市區。所涵括區域土地面積占全台的14.9%,人口占比全台高達44%,其地理範疇為臺灣政治經濟與產業重點集中地,同時,也是金融業與高科技產業的聚集區域。
根據2022年地方創生資料庫顯示北區服務範疇的人口為10,445,819人,占全台44%,但面積僅為全台的14.9%,為5,390.2平方公里,人口密度達到1937.91人/平方公里。在過去五年,臺北市及基隆市為人口淨移出區,移出人口分別為130,183人及547人;其餘四縣市皆為人口淨移入區,其中以桃園區的113,490人、新北市31,155人、新竹縣23,756人及新竹市10,358人為主要移入區。對比2015年的人口數,可觀察到新北市石門區(-10.11%)、平溪區(-10.17%)、雙溪區(-9.18%)、貢寮區(-9.15%)、金山區(-5.36%);臺北市萬華區(-6.15%);新竹縣關西鎮(-7.78%)、橫山鄉(-7.71%)、北埔鄉(-7.26%);基隆市仁愛區(-6.64%)的人口皆下呈現下將趨勢。
同時,北區老化程度上亦相當嚴重。內政部表示,老化指數是老年人口對幼年人口的比,當老年人口大於幼年人口時,指數便會大於100。而北區六縣市二離島老化指數如下圖,除桃園及新竹縣市之外,其餘縣市都破百!所以,在人口外移和高齡人口增加的影響下,若無青年人口回鄉及留鄉,容易陷入發展停滯,讓人口外移及高齡化的現象更為嚴重。

四、 地方創生北区指導センターの指導範囲と課題
現行の地方創生指導体制のさらなる強化と、外部による指導の拡大により、相談・指導件数を増やすため、国家発展委員会は北部・中部・南部・東部の地域ごとの指導センターを率い、産業界・学術機関・研究機関・地域コミュニティとともに地域型指導ネットワークを構築している。また、地方での推進の現状を整理し、推進課題と具体的な指導対策の研究分析を行うことで、地方団体と地方自治体の間の架け橋として、郷・鎮・市・区役所と地方団体の発想と考え方の整合をサポートし、地方創生計画と関連事業の提案の加速化を図っている。同時に、若者ワークステーションの運営とサービスを支援し、経験交流による学習と推進活動を適時企画することで、地方創生の取り組みをけん引している。
台湾海洋大の指導範囲は「台北市・基隆市・新北市・桃園市・新竹市・新竹県・金門県・連江県」管轄内の郷・鎮・市・区で、その面積は台湾全体の14.9%、人口は台湾全体の44%を占める。台湾の政治経済と産業の中心であると同時に、金融業とハイテク産業が集中する地域でもある。
2022年の地方創生データベースによると、北部の指導範囲の人口は10,445,819人で、台湾全体の44%を占める。しかし、面積は5,390.2平方キロメートルと台湾全体のわずか14.9%で、人口密度は1平方キロメートルあたり1937.91人に上る。過去5年間では、台北市と基隆市が転出超過地域で、転出人口はそれぞれ130,183人と547人となっている。残りの4県市はすべて転入超過地域で、桃園市が113,490人、新北市が31,155人、新竹県が23,756人、新竹市が10,358人と、主な転入地域となっている。2015年の人口数と比較すると、新北市の石門区(-10.11%)・平渓区(-10.17%)・双渓区(-9.18%)・貢寮区(-9.15%)・金山区(-5.36%)、台北市の万華区(-6.15%)、新竹県の関西鎮(-7.78%)・横山郷(-7.71%)・北埔郷(-7.26%)、基隆市の仁愛区(-6.64%)で人口が減少傾向にあることが分かる。
人口減少と同時に、北部は高齢化も大変深刻である。内政部によれば、老年化指数は高齢人口の年少人口に対する比率で、高齢人口が年少人口を上回ると、老年化指数が100を超えるとされる。北部の6県市と2離島の老年化指数は下図に示す通りで、桃園市と新竹県・市以外の老年化指数は、すべて100を超えている。こうした人口転出と高齢人口増加による影響の中で、若年層の地元定着・Uターンがなければ、発展の停滞に陥りやすく、人口転出と高齢化現象が一層深刻化することになる。

圖:2:北區六縣市二離島近五年老化指數 資料來源:全國人口資料庫,圖表本計畫自製
圖:2:北部6県市2離島の近5年間の老年化指数 資料出典:全国人口データベース、図は本プロジェクト作成

接著來看,北臺灣的產業發展優勢,包括交通、技術、人才、資金皆是台灣其他各區的領頭羊,以《財政部的營利事業家數及銷售額》綜觀來看北部地區產業,北部於2020年的總體銷售額為27.36兆元,占全台62.56%。區內的產業分佈以二級和三級產業為主,各別占36.3%及63.6%。
北區涵蓋區域交通網絡發達,擁有桃園及松山兩座國際機場、臺北捷運及桃園機場捷運及兩座主要國際港口基隆港及臺北港;此外在產業園區的帶動下,北區產業以科技與國際商業為主要發展重點。以全台第一座成立的新竹科學園區為例,近年產值均達新台幣1兆元以上,進駐廠商達580家,就業人數超過15萬人。因此,顯見北部在工業及服務業具備關鍵影響力,同時亦驅動臺灣整體經濟發展。
然而,北部雖在產業經濟上有蓬勃的發展,且商業資源與動能位居全國之冠,但由於區內發展變遷快速,使既有的聚落及產業能量,無法跟上新的科技及商業模式,導致主要核心城市的周遭鄉鎮市,並未雨露均霑,造成區域內看似資源豐沛,實則呈現分配不均兩極化發展現況。
綜上所述,不論是資源,或是人口成長,北區不盡然為大家普遍印象中的黃金都會、人口淨移入區,仍有需要地方創生團隊投入以活絡發展的區域。因此臺海大將積極面對區域人口議題,找出地方創生的新機會,釐清地方DNA,守護在地價值,並積極挖掘關係人口,導入開創性事業,透過公私協力的模式發展出積極而有彈性的永續城市。

次に、北部の産業発展の強みについてみると、交通・技術・人材・資金など、すべてが台湾の他の地区をリードしている。財政部発表の『営利事業家数と売上高』で北部地区の産業を総合的にみると、北部の2020年の全体の売上高は27.36兆元で、台湾全体の62.56%を占める。地域内の産業分布は第二次産業と第三次産業が中心で、それぞれ36.3%と63.6%を占める。
また、北部は区域内の交通網が発達し、桃園空港と松山空港の2つの国際空港、台北MRTと桃園空港MRT、基隆港と台北港の2つの主要国際港を有する。また、産業園区のけん引により、北部の産業発展はハイテク産業と国際商業に重点が置かれている。台湾で最初に整備された新竹サイエンスパークを例にとると、近年の生産高平均は台湾ドルで1兆元以上にのぼり、入居企業は580社、就業人数は15万人を超える。よって、北部が工業とサービス業に重要な影響力を持ち、台湾全体の経済発展をけん引する存在になっていることは明らかである。
このように、北部は産業・経済面で目覚しい発展を遂げている上、全国でもトップの商業資源と原動力を有するものの、区域内の発展と変遷が速いために、既存の集落と産業が新しい科学技術と商業モデルについていけず、主要都市周辺の郷・鎮・市が均等に恩恵を受けられない状況になっている。その結果、一見資源が豊富なように見えるが、実際は資源配分が不均等で、発展の二極化が進んでいるのが現状である。
以上からも分かるように、資源や人口の成長を問わず、北部は一般に考えられているようなきらびやかな都会や、人口の転入超過地域ばかりでは決してなく、地方創生チームがその発展と活性化に取り組む必要のある地域はやはり存在する。よって、台湾海洋大では地域の人口問題に積極的に取り組み、地域の特質を明らかにし、地元の価値を守りながら、地方創生の新しいチャンスを見出していく。また、関係人口を積極的に発掘し、画期的な事業を導入することで、公私連携の形で、前向きかつ柔軟なサステナブル都市の発展を目指す。

五、推動策略
在檢視地方創生議題時,可以發現地方創生常發於一個契機,成於一股熱情,「人」往往是驅動這些節點的動能,讓城鄉流動與創生成為常態。因此,「建構支持系統」協助地方單位創造地方創生事業是臺海大一直以來推動地方創生時的核心概念。
依據臺海大今年對於推動地方創生計畫定位願景,參照前述課題對策,立基於理念是「價值共創」,於本計畫中執行與實踐,研擬五項推動策略等,引導各項策略工作展開—

(一)結合聯合國永續發展目標
以永續環境(SD,環境、社會、經濟)為範疇,並以聯合國持續倡議行動的17項永續發展指標(SDGs),做為社會青年的行動發展標的,結合地方特色DNA,定義清楚的知識學架構,帶動青年們付諸具體行動,努力推動永續發展為宗旨。

(二)提供地方知識學基礎教材
將臺海大執行教育部地方創生推動兩年的經驗(2020~2022年),整理成系統性的課程與教材,針對地方夥伴,以工作坊方式帶領,從理論到實踐的操作,強化地方團隊對家鄉及土地的認同,並針對地方需求,提出可執行與推動的方案,進入地方翻轉地方新認知。

(三)建構地方人實踐能力指標

五、 推進戦略
地方創生問題を観察していると、地方創生があるきっかけに端を発し、情熱によって成し遂げられていることが多いことに気付く。地方・都市間の人口移動と地方創生の常態化を目指す上で、その要をなしているのは、往々にして「人」である。そのため、「サポート体制の構築」により、地域団体の地方創生事業の創出を支援することは、台湾海洋大が地方創生に取り組む上で貫いてきたコアとなる考え方である。
そこで、台湾海洋大では地方創生プロジェクト推進に関する今年のビジョンを踏まえ、前述の課題と対策を参考に、「価値の共創」という理念をプロジェクト内で実行・実践するため、各種取り組みの展開に向けて5つの推進戦略を策定した。

(一) 国連の掲げる持続可能な開発目標の導入
国連の掲げる17の持続可能な開発目標を(SDGs)を若年層社会人の発展指針とし、持続可能な環境(サステナブルな環境・社会・経済)づくりを目指す。地方ならではの特質を踏まえ、知識の枠組みを明確に定義することで、若者が具体的な行動に移せるよう後押しし、持続可能な発展の推進に尽力する。

(二) 地方への基礎知識教材の提供
台湾海洋大が教育部の地方創生計画を実行した2年間の経験(2020~2022年)を、体系的なカリキュラム・教材として整理し、ワークショップの形で、理論から実践までを地方のパートナーに学んでもらうことで、その故郷と土地への愛着を強化する。また、地方のニーズに対して、実行・推進可能なプランを提案し、地方の内側から新しい認識を広めていく。

(三) 地方の実践力評価指標の構築

圖: 3:地方創生團隊發展進程
圖:3:地方創生チームの発展プロセス

臺海大推動地方創生以來,觀察地方團隊的發展是有不同進程的,所以要建立支持系統,必須對應地方團隊的成長歷程給予協助。所以,今年我們界定地方團隊發出了六個發展層級,從種子萌芽到最後成為可立定地方的企業。針對這六個階段,臺海大會引進不同專業顧問與單位,為讓地方創生團隊可以依循自身的現況,分析優劣勢進而強化自身發展,並補足不足之處,陪伴地方團隊能走過死亡谷,破繭而出成為地方重要的創生支點,撐起北區各地地方創生發展。同時導入SDGS、ESG、CSR,讓永續與社會責任能夠扎實地與地方團隊精神合而為一。整體執行方針說明如下表一說明。

台湾海洋大が地方創生の推進を始めて以来の観察によると、地方創生チームはそれぞれに発展の進行が異なるため、支援体制の構築にあたっては、地方創生チームの成長に合わせてサポートを提供する必要がある。そこで、台湾海洋大は今年、地方創生チームの成長に関して、種子期と発芽期から、最終的に地域に立脚する企業となるまでの6つの発展段階を設定した。地方チームが自身の現状をもとに強みと弱みを分析し、発展の強化と不備な点の改善ができるよう、段階ごとにそれぞれ違う顧問と機関の協力を取り入れる。地方チームとともにデスバレーを克服し、殻を突き破ることで、地方の重要な創生拠点として、北部各地の地方創生発展を支える存在となることを目指す。また、持続可能性と社会的責任の精神を地方チームに定着させるため、SDGS、ESG、CSRも同時に導入する。全体の実施方針は次の表に示す通りである。



(四)創造地方意見領袖影響力
本計畫欲引進專業團隊與系統性培力課程,培養地方關係人口成為「KOL地方關鍵意見領袖」。除了「行動力」之外,臺海大期望創造地方人們的「影響力」,透過前述工作坊的帶領挖深地方議題後,以主題的定調方式,讓夥伴定期在社交平台上露出自己的倡議媒材,藉此透過個人的性格魅力或議題的吸引力,累積出一定的影響力。

(四) 影響力のある地方オピニオンリーダーの創出
本プロジェクトでは、地方創生のプロチームと体系的な育成カリキュラムを導入することで、地方関係人口を「地方のキーオピニオンリーダー(KOL)」として養成する。「行動力」以外にも、地方の人々の「影響力」の創出を目指しており、前述のワークショップを通して地方の課題を深く掘り下げた後、テーマを絞る形で、地方パートナーに定期的に自身の提言をSNSサイトで発信してもらうことで、個人の個性や話題の魅力を通して、一定の影響力を蓄積していく。

六、小結
臺海大為深化地方創生輔導與區域連結,因此規劃擬整合產學研社,強化前端在地發展人才的價值培育,加深地方事務關係人口觸及率。建立在地產業DNA為發展主軸,提供青年回返留鄉工作站串連資源,進而推動體驗參訪學習、專家陪伴輔導及發展地方創生知識學;另為觸動全齡人口對地方的認同,針對在地需求、未來展望,以行動實踐、在地扎根,串聯區域型組織共同參與,並協助地方團隊彼此交流活動,使地方移居返鄉等關係人口從體驗在地、理念共識建立,並實際參與地方事務發展,點燃創新成長動能。
未來,臺海大在推動地方創生執行上,短期策略將更強化如何整合北區整體豐沛的產業資源以及商業能量,結合各領域專長等創新輔導資源團隊,共同投入輔導地方創生團隊,強化其經營模式、點亮品牌實力、導入科技新創。中期目標是以強化地方創生的鏈結關係為核心,發展地方創生亮點(生態系)為產業創價亮點、結合產官學研社等專業觀點,建置深化社區營造推動地方創生輔導原型。長期目標將以地方創生亮點帶動鄰近聚落繁榮、以區域輔導原型(強化在地培能等推動模式)擴散應用點亮繁星,並以建構地方創生商業模式,齊力推動地方品牌創新發展,具體落實地方創生永續發展。

六、 結び
台湾海洋大では、地方創生指導と地域のつながりを深めるため、産業界・学術機関・研究機関・コミュニティの連携を図ることで、地方の最前線で発展に取り組む価値ある人材の育成を強化し、関係人口の地方業務へ関わり頻度を高める。地元産業の特質の確立を発展の柱に据え、若者に地元定着・Uターンのためのリソースを提供するワークステーションを設置することで、見学体験学習と専門家による指導を推進し、地方創生学の発展に取り組む。また、全年齢層の地方への共感を高めるため、地元のニーズと今後の展望に合わせて、地元に根ざした行動を実践し、地域型組織の共同参加に向けて連携を図る。同時に、地方創生チームの交流活動を支援し、地方へ移住・Uターンする関係人口の地方体験と理念・合意の形成から、実際に地方業務の発展に関わるまでをサポートすることで、革新と成長の起爆剤となることを目指す。
台湾海洋大の今後の地方創生に関する取り組みは、まず短期戦略として、北部全体の豊富な産業資源と商業活力の統合を強化し、各専門分野から成るイノベーション指導チームとともに、地方創生チームの指導に共同で取り組み、経営モデルの強化、ブランド力の確立、革新的技術の導入などを図る。中期目標は、地方創生の連携関係の強化を柱とし、産業価値の創造を地方創生の目玉(生態系)として発展させ、産業界・官公庁・学術機関・研究機関・コミュニティなどの専門的な視点も取り入れつつ、地域コミュニティづくりと地方創生を推進するための指導のひな型を構築する。長期目標は、地方創生の目玉で周辺地域を盛り上げ、地域指導のひな型(地元人材育成の強化などの取り組み)の活用を拡大することで各地の活性化を図るとともに、地方創生のビジネスモデルを構築し、力を合わせて地域ブランドの革新と発展を推進することで、地方創生の持続的な発展を具体的な形で実現することを目指す。

文章分享 (シェア)